10月には、エンドツーエンド暗号化(E2EE)のサポートの Public Previewが発表しました。今日、私たちは、チームの呼び出しのためのE2EEが一般的に利用可能なに存在することをお知らせいたします。更新が受信されたら、IT管理者は自分の組織の機能を有効にして制御することができます。

エンドツーエンド暗号化を使用して1対1のチームコール

航空宇宙、製造、電気通信、およびプロフェッショナルサービスなどの産業を越えた米国およびヨーロッパの複数の企業の顧客は、チームコールのためにE2EEを展開する過程にあります。

組織で利用可能な1対1の呼び出しのためのE2EEを作成する

リマインダーとして、デフォルトではエンドツーエンドの暗号化はテナント内のすべてのユーザーが利用できません。選択されたユーザーのポリシーを設定して有効にすると、選択されたユーザーは、チームの設定でエンドツーエンドの暗号化をオンにする必要があります。必要に応じて1対1のチームコールの場合はE2EEを無効にする機能を保持します。

E2EEを1対1の呼び出しに使用する場合、以下にリストされている特定の機能は利用できません。コールにこれらの機能が必要な場合は、ユーザーは自分の設定に入り、エンドツーエンドの暗号化をオンになったのと同じ方法でオンにすることができます。

録音

ライブキャプションと転写

通話転送(ブラインド、セーフティ、そして相談)

公園を呼ぶ

通り合う

CALコンパニオンと他の装置への転送

1対1コールをグループコールにするために参加者を追加する

E2EEコールチームは、WindowsまたはMac用のチームデスクトップクライアントの最新バージョンで一般的に利用可能です。

リソース

チームのe2eeが働く方法の詳細については、IT管理コントロール、および実装の詳細については、チームコールのためのE2EE上の前のブログを参照してください。Microsoft 365の暗号化の詳細については、Microsoft 365の暗号化を参照してください。 https://techcommunity.microsoft.com/…w/ba-p/ 3037697

By admin

Leave a Reply

Your email address will not be published.