コンテンツ

1 Microsoft Office 2019をダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください.2 Office 20193のインストール方法2021の製品キーなしでMicrosoft Office 2019をアクティブにする方法2021。

一連のプレビューバージョンの後、マイクロソフトはオフィス2019の公式バージョンで最終的に出てきました。それは安定しています。ただし、Microsoft Office 2019はWindows 10でのみ機能していることをお知らせします。そのため、Windows 8.1以前のバージョンを使用している場合は、インストールできません。正直なところ、ユーザーにWindows 10を使用するように強制的にマイクロソフトが嫌いです。

Microsoft Office 2019をダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください:Microsoft Office 2019 Professional Plus OhereMicrosoft Office 2019 Projectをクリックします。

MicrosoftからOffice 2019 ISOをダウンロードするためのリンクを見ることができます

Office 2019のインストール方法

ダウンロードプロセスが完了したら、イメージファイルを取得します。それを開くだけで、セットアップファイルを実行してOffice 2019をPCにインストールします(setup.exe)


これはしばらく時間がかかるかもしれません、お待ちください。

インストールが成功すると、いくつかの基本情報を確認するために任意のOfficeプログラムを開くことができます。

右上隅にある閉じるボタンをクリックして、「Product Key」ウィンドウをスキップしてください。

そしてあなたが見ることができるように、私はOffice Professional Plus 2019を使用しており、試用ライセンスは7日で失効します。

Office 2019をインストールしたら、Microsoft Office 2019 Productキーを使用してアクティブにすることができます。

Product Keyを使用せずにMicrosoft Office 2019をオンにする方法2021

あなたは知っているためにこれらの記事を読むことができます:

https://docs.microsoft.com/en-us/deployoffice/vlactivation/gvlkshttps://docs.microsoft.com/en-us/deployoffice/vlActivation/activate-office-by-using-kms.

ステップ1:Windows Defenderを無効にします

ステップ2:次のコードを新しいテキスト文書にコピーします。

このコードをここにコピーします.https://getproductkey.net/code-office-2019.txt.

その後、新しいテキスト文書を作成します。

ステップ3:コードをテキストファイルに貼り付けます。

次に、「名前を付けて保存」を選択して、バッチファイル( \”1click.cmd\”という名前)として保存します。

ステップ4:管理者としてバッチファイルを実行します。

お待ちください…

終わり!あなたのオフィスは正常にアクティブになっています。アクティベーションステータスをもう一度確認してください。

このビデオは、製品キーなしでMicrosoft Office 2019をアクティブにする方法を知ることができます。

アップデート09-10-2019:マイクロソフトがバッチファイルを使用することができないため、Windows Defenderは私のスクリプトを \”Hacktool:BAT / Autokms\”として検出します。誰かが自分の問題を説明するために私に電子メールを送った。したがって、Windows Defenderを無効にするか、またはこの記事の方法2を試すことができます.Microsoft Office 2019 Product Key

Office 2019は5年間の主流のサポートを受けていますが、オフィス2016とは異なり、5年間の拡張支援を受けて、Office 2019は2つのみを取得します。メインストリームサポートは2023年10月10日に終了し、2025年10月14日に拡張支援は終了します。

By admin

Leave a Reply

Your email address will not be published.