F2を押し続けてから、電源ボタンをクリックしてください。 BIOS画面が表示されるまで、PowerボタンとF2を押します。BIOSに正常に入力されます。

BIOSでセーフモードを入力する方法

最後の記事では、コマンドプロンプトからWindows 10 Safeモードの入力方法を確認しました。 BIOSが入っていて、起動設定は類似のようなものであり、セーフモードに入力したい場合は違いはありません。しかし、Windowsユーザーにとっては、安全モードを受けるために再び方法を説明するつもりです。

ステップ-1 Recover Environmentを入力します

システムが次回2回以上標準の構成でロードできない場合、自動的に回復した環境に入ります。ここで質問は、そのシステムが通常ロードできないことを可能にする方法です。

Powerボタンを押す(Windows 10 Safe ModeからBIOSのセーフモード)。電源ボタンを押すと、もう一度長く電源ボタンを押します。もう一度電源ボタンをオンにし、電源ボタンを長押しします。数秒。このプロセスを3回.next時間、あなたはあなたが復旧環境にあることを見るでしょう。

BIOSからWindows 10 Safe Modeを起動する方法については、リカバリ環境には3つのオプションがあります。

ContinueTreteTheThootturn OFF PCTHTEP#2スタートアップ設定に移動します(Windows 10 Safe Modeから起動中)

トラブルシューティングオプションをクリックすると、次の画面で高度なオプションが表示されます。詳細オプションでは、起動設定がこれらのオプションのいずれかのオプションの1つがある他のオプションがあります。

システムのRestoreCommand PromptSystem Image RecoveryStartup Settings.Startup Repairs.go前の構築に戻る

以上から、これらのオプションを選択します。起動設定を選択します。

ステップ#3さまざまな方法でセーフモードを有効にする起動設定を使用して、Windows 10を再起動する必要があることがわかります。 Windows 10を再起動するだけで、再起動後、さまざまなオプションが表示されます。

debugging.enableブートロジングを有効にします。

上記のオプションから、選択する2つのオプションがある可能性があります。起動からのWindows 10セーフモードまたはネットワークでセーフモードを有効にします。

セーフモードでインターネットを使用する場合は、任意のオプションを選択できます。その後、ネットワークでWindows 10 Safe Modeに行きます。それ以外の場合は、Windows 10セーフモードの起動です。

ついに、私たちはBIOSからWindows 10 Safe Modeについて何を締めくくりましたか?

上記で、BIOSからWindows 10セーフモードを入力することが可能であることがわかりました。 Windows 10でコマンドプロンプトなしでセーフモードを開くのと同じです。

Windows 10セーフモードを解決するためにどのメソッドを使用しましたか?まだ問題がありましたか? Windows 10のWindows 10のどの機能がありません。コメントであなたの見解や提案をお知らせください!

By admin

Leave a Reply

Your email address will not be published.